武相動物病院オンライン診療のトップ画像

オンライン診療始めました

コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、なるべく同時に患者さんが集まらないようにしているこの頃。

武相動物病院で新しい試みが始まります!!

それがオンライン診療サービス!

全診療科に対応している一般動物病院で

オンライン診療が行われるのは日本で初めてです!

今だからできることを

コロナウイルス感染拡大により緊急事態宣言が出され、外出を自粛せざるを得なくなり、誰もが不安を抱えている毎日。

 

そんなネガティブになりがちな日々の中、家庭での時間が増えるこの機会にペットの病気のことをもっと知っていただきたいと思い、このサービスを始めることを決意いたしました。

診療・診察・診断・治療の違い

【診察】獣医師がペットの病状・病因を探ること

【診断】獣医師がペットの病状・病因を判断すること

【治療】獣医師がペットの病気・怪我を治すこと

【診療】診察・診断・治療をひとくくりにした総称

 

まず、獣医師は飼い主さまから問診・直接ペットに視診・触診・聴診などを行うことで診察を実施します。

 

次に血液検査・超音波・レントゲン検査、場合によっては病理検査などの結果をもとに診断を下します。

 

診断に応じて医学的根拠に基づいて外科・内科・放射線などの治療を選択していきます。

 

そしてこの一連の流れが診療ということになります。

 

オンライン診療サービスでできること

オンライン診療ではweb会議ツールZOOMを使用して診察室内の獣医師とコミュニケーションをとることが可能です。

 

オンライン診療サービスで可能なこととしては、主に飼い主さまからの問診・映像を通して行う視診・飼い主さまの手元にあるデータをもとに行う治療プラン相談です。

ONLINE診療からの流れ

オンライン診療後のおおまかな流れとしては

 

A .治療プランの変更がない、相談だけで解決できた。

 ⇨ご自宅にて経過観察

 

B .オンライン診察の結果触診や・検査が必要

 ⇨予約して動物病院に来院

 

C .触診・検査が必要だがペットを連れて来院が困難

 ⇨病院の車でペットを送迎

 

D .処置・処方のみ必要だがペットを連れて来院が困難

 ⇨病院の車で獣医師が往診

 

病院に行く必要がなく気軽に相談ができ、ご自宅から出ることなく不安解消できるところはオンライン診療の魅力ではありますが診断・治療を行うためには検査が必要な場合も多いということをご理解ください。

オンライン診療サービスのメリット

オンライン診療後に動物病院に行かなければいけない場合でも、オンラインの時間は無駄にはならず、初診登録時間・待合室での待機時間・診察時間の短縮に役立ちます。


院内で患者さま同士、スタッフとの接触を軽減することでコロナウイルス感染拡大を予防するだけでなく、患者さまの待ち時間削減にも貢献できると考えております。

ZOOMを初めて使う方も多いと思います。使い方がわからない、登録がうまく出来ないといった問題も出てくると思いますので、まずはお気軽にお電話でご相談ください。

PAGE TOP